水墨画

Koichi SaMurai

Vision

私は想いを表現する「手段」として水墨画を描き、その「目的」は作品を通した人との繋がりです。
クッと 息を止め、一本の線を描きます。太い線、細い線、丁寧な線、勢いのある線。それらの重なり合いが一枚の絵を完成させます。
絵には必ず描く「きっかけ」や「ストーリー」があり、願いや想いが込められてます。デジタル化した現代だからこそシンプルな白黒で奥深い墨の世界。
私はまだまだ未熟者ですが1人の日本人として絵を通じ世界中の人々と感動を共有したいと思ってます。

WALL -DRAGON WATERFALL-

クライミングウォール - 製作日数:8日間
7メートルの高い壁に滝と龍を描きました。

Video by HIDESHI TSUNEMATSU.

Workshop

絵が苦手と思ったら吉日。
龍のように空想の生き物に「正しい描き方」は存在しません。
とはいっても基本的な描き方はご説明致しますので、あとは子どもの頃に戻ったように「筆と墨」を使い、筆が動くままに自分だけの水墨画を描きあげます。

ワークショップのお問い合わせ

筆や墨などの必要な道具は全てお貸ししますので用意するものは特にありません。
世界各地で開催してます(例 道場、合宿所、神社、お寺、個人宅、老人ホーム)。
皆さん初心者で子どものように描いてます。人数や場所により料金も異なってきますので、まずお気軽にお問い合わせ下さい。

ワークショップのお問い合わせ

Profile

村井紘一 - 北海道出身。伝統的な水墨画技法を使った水墨画家。

学生時代冬はスキージャンプ、夏は野球部所属、酪農学園大学卒。
2005年 アメリカ、カリフォルニア州で農業研修中、自国の文化や歴史を誇る同僚のメキシコ人に強く影響受ける。その後、書籍「国家の品格」「武士道」に出逢い日本人としての在り方を強く意識し始める。
2009年 イギリスにて、文字(書道)より絵(水墨画)がより伝わる事を認識、水墨画をロンドンで描き始める。
2012年 水墨画の師である李鉄君に出逢い山水などの基礎を学ぶ。
2016年 奈良、金峰山寺にて山伏との縁が切っ掛けで「龍」を描き始める。
2017年9月 寺院へ水墨画の龍を天井へ完成する予定

続きを読む

ブログ

村井紘一のドラゴンクエスト

Dragon Quest ルネサンスの大地1

北海道→羽田→ドーハ 機内で過ごす13時間は本当にしんどい 満席で私は窓側の席 足を伸ばすこともでき・・・続きを読む

2017.06.12|Dragon Quest

大いなる昇竜1/2

只今、ホテル木ニセコで昇龍を描いてます。 龍を描く場合は下書きはちょこっとだけ   あとは・・・続きを読む

2017.02.02|龍神(Dynasty dragons)

NISEKO 日帰り温泉ランキング 1

パッカパーーン!おもしろおかしく、そしてまじめに評価してみました     &nb・・・続きを読む

2017.02.01|Dragon Quest

八紘一宇の精神

肌の色髪の色 言語や文化は異なるのに 1つのホールに皆がそれぞれの立ち位置へ役割をもって1つの曲を奏・・・続きを読む

2017.02.01|Dragon Quest

江差の龍2

主人公はシリカブラックを手に入れた。 (特殊な天然の鉱石で、世界でもここでしか手に入らないそうです)・・・続きを読む

2017.02.01|龍神(Dynasty dragons)

江差の龍1

今回も予想もしないクエストになりました。ではさっそく!   2017.1.12当日予定↓ ・・・続きを読む

2017.02.01|龍神(Dynasty dragons)

Contact Us

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ